読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬工学

presented by 田口ダービー

2017年天皇賞春 レース回顧

武豊が作り出した消耗戦にて

◎〇▲の完全的中を果たした素晴らしい完璧ブログはこちら↓

keiba-koubaku.hatenablog.com

〇シュヴァルグランが先行策をとったことが嬉しい誤算。スタミナがあるので、距離とレース展開でサトノダイヤモンドを逆転。祐一よ、やるやないか・・・しかし、◎キタサンブラックには届かず…。

今回初めて(キタサンブラックを本命にしたが、裏切られなくてよかった。この馬は本当に強い(なにを今さら・・・)。引き締まったペースの横綱相撲で勝ってしまうのだがら。スローペースに落とさず、消耗戦に持ち込んだ鞍上は、言わずと知れた天才ジョッキーである。
ただ、今回のキタサンブラックはさすがに体力を消耗したのではないだろうか。最後の直線は特別伸びているわけではなく、ダラダラとした消耗戦だった。次走は宝塚記念だと思うが、2ヶ月間の休養でどこまで回復できるかがカギとなりそうだ。
▲サトノダイヤモンドは8枠ピンク帽と距離/レース展開が理由だろう。上がり600mが34秒台の瞬発力勝負なら上位2頭より上位にくるだろうけど、今回のように上がり35秒台の消耗戦では、その持ち味を活かしきれない。サトノダイアモンドも例外なく「ディープ産駒」なのである。
△シャケトラは出遅れて、先行するのに脚を使う。レース展開も消耗戦になり、直線はズルズルと後退。GI初出走が天皇賞春なのだから、こんなもんだろう。今回の敗戦で人気が落ちるなら、次走は積極的に買ってよいかもしれない。

レース傾向は今回も崩れず

天皇賞春のレース傾向は、

  • 内枠圧倒的有利の内枠ゲーム
  • ハーツクライ産駒

であるが、今年も1着2着は内枠で決まり、その片方がハーツクライ産駒(シュヴァルグラン)であった。今回のように、サトノダイヤモンドのようなS級人気馬が外枠に入った時に逆張り手段として効果抜群であり、来年以降も積極的に上記傾向を活用していきたい。

f:id:Taguchi_Derby:20170428211045j:plain