競馬工学

presented by 田口ダービー

2017年皐月賞予想 混戦なら穴馬からでしょう。

「混戦」だそうだが、混戦というわりには、牝馬ファンディーナに人気が集まっている。これまでの戦績を考えれば、1番人気になるのもまぁ分かる。3戦3勝、しかもその全てが先行して上がり最速の圧勝劇。

しかし、その3戦は全て生ぬるいレースであったことも事実だろう。惜しむらくは引き締まったペースのレース経験がないこと、また骨っぽい相手に揉まれた経験がないこと。4枠8番は好枠に思えて、実はそうでもないのではないだろうか。外枠先行勢、アダムバローズ、クリンチャー、トラストあたりに1コーナーまでにインコースに閉じ込められてしまえば、案外な結果が待ってるかもしれない。そんな牝馬が1番人気。とても軸にはできないだろう。

カデナはどうだろうか。重賞2勝+百日草特別でアドマイヤミヤビから0.1秒差の2着という戦績から、力上位は確か。ただし前走弥生賞が未勝利戦並みの凡戦。過信はできない。

スワーヴリチャードの前走共同通信杯は圧勝。ハーツクライ産駒は中山芝2000mで好成績を残しているが、この馬自体の中山適性があるかどうかは別の話。今回が初の中山コースで、適性不明。飛びが大きく、どうも東京の方が合いそうな気もするが・・・。

レイデオロは休み明け、しかも今年初出走が皐月賞。ステップレースを使えなかったことは大きなマイナスだと考える。順調さに欠ける。

・・・といった感じで、どうも上位人気馬にはそれぞれ泣き所があり、やはり「混戦」なのだろう。混戦ならば思い切って下位人気馬を狙ってみたい。

冷静に考えると、スプリングS組、若葉S組がなぜか人気がない。まずウインブライトアウトライアーズのスプリングS組。両者とも中山巧者。特にウインブライトはここ2戦中山コースで2連勝。そのどちらも上がり最速。父はステイゴールド。大舞台に強い。問題は鞍上だけ(笑)。

アダムバローズは若駒S→若葉Sと2連勝。この戦績なら通常人気になってもよいのだが、なぜか人気にならない。そもそも鞍上の名前を確認した方がよい。池添には1発があるということを、もう忘れてしまったのだろうか。京都2歳S、京成杯での大敗があるにせよ、池添というだけで、マークは必須である。

ということで、印は以下のようにしたい。

◉17.ウインブライト
◯15.アダムバローズ
▲4.カデナ
△2.スワーヴリチャード
△6.アウトライアーズ
△7.ペルシアンナイト
△8.ファンディーナ
△13.サトノアレス

f:id:Taguchi_Derby:20170416132318j:plain