競馬工学

presented by 田口ダービー

【中山金杯 予想】セオリー通りに攻めるとすれば

中山金杯のセオリーは「前年の有馬記念で馬券になった種牡馬を狙う」ことです。年が変わっても、当然ながら馬場状態には連続性があるので、このような作戦は有効でしょうね。

で、去年の有馬記念で馬券になった種牡馬は・・・というと、

  • ディープインパクト(サトノダイヤモンド)
  • ブラックタイド(キタサンブラック)
  • スクリーンヒーロー(ゴールドアクター)

なのですが、今年の中山金杯の出走馬で、これらの種牡馬を父に持つ馬はただ1頭しかいません。マイネルフロスト(ブラックタイド)です。従って素直にこれが本命です。去年の中山金杯も2着に好走しているのでコース適性は無きにしもあらずでしょう。近走の成績はパッとしませんが、前走7着も0.3秒差負けなので、挽回の余地はあると判断します。

相手筆頭は中山巧者ツクバアズマオー。まともなら、まず馬券圏内は外さないでしょう。が、ハンデ戦+鞍上吉田豊+1番人気となると、どうもガス臭いんですよね。なので、対抗扱いです。本命にするには、とにかくガス臭いんですよ。

3番手はライズトゥフェイム。中山芝2000mで5勝しています。人気落ちしている今回は当然買いでしょう。こういう馬は買っておかないとダメなんです。保険と一緒で、ことが起こってからでは遅いのです。

以下、ダノンメジャー、ストロングタイタン、ドレッドノータス、シャイニープリンスで印を並べました。

◉8.マイネルフロスト
◯3.ツクバアズマオー
▲4.ライズトゥフェイム
△6.ダノンメジャー
△10.ストロングタイタン
△7.ドレッドノータス
△1.シャイニープリンス

馬券は、◉◯のワイドと◉-◯▲-総流しの3連複フォーメーションでいきたいと思います。