競馬工学

presented by 田口ダービー

【ジャパンカップ 予想】基本に忠実に。セオリー通りに。

◎15.リアルスティール
◯9.ディーマジェスティ
▲14.レインボーライン
△12.サウンズオブアース
△17.シュヴァルグラン
△4.ルージュバック
△3.ゴールドアクター
△1.キタサンブラック

ジャパンカップのセオリー に従えば、前走天皇賞秋のディープ産駒を狙えばよく、今年の該当馬はリアルスティールただ1頭。
そして鞍上が世界のムーアときたら、本命はリアルスティール以外ないでしょう。
リアルスティールが崩れたのは、海外帰りだった今年の安田記念のみ。
その実力は言うまでもありませんね。
現在3番人気で、馬券の相手次第で妙味があると思います。

相手は9.ディーマジェスティ、14.レインボーライン、12.サウンズオブアースが上位評価。
人気の3.ゴールドアクター、1.キタサンブラックは下位評価としました。

今の東京芝って外が伸びる馬場=差し馬有利なんですよ。
(当日にいっぺんして先行有利になる可能性は多少ある)
先行するであろうキタサンブラック、ゴールドアクターがそこそこのペースでレースを引っ張れば差し馬有利になりそうです。
一方で、キタサンブラック、ゴールドアクターがスローペースに落として決め手勝負に持ち込んだとしても、それはそれで末脚のある馬に差されてしまいそうな気がします。
いや、差されると決めつけてしまいます。
従って、どう転んでもキタサンブラック、ゴールドアクターには厳しいレースになるのではないかと思います。
どうせ人気になる2頭ですから、馬券的には軽視します。

そしてなんといっても外人ジョッキーですよね。
14.サウンズオブアース(デムーロ)、12.レインボーライン(ルメール)は無条件で買いです。

f:id:Taguchi_Derby:20140402004418j:plain