競馬工学

presented by 田口ダービー

【マイルCS 振り返り】正解はミッキーアイル

スピードよりもスタミナが問われたようです

ディープ産駒の選択ミスをやらかした残念な予想ブログはこちら:

【マイルCS 予想】3度目の正直 - 競馬工学

正解はミッキーアイルでしたか。
うーん。ディープ産駒と分かっていても、その選択は難しかったです。
もう少しかかると思っていたんですけど、気分良く逃げられましたからね。
ペースは前半600mが34.4秒後半600mが35.6秒ですから、ハイペースだったと判断してよいと思うんですけど、ハイペースが故にスタミナが問われる展開となって、2000mで良績を残しているイスラボニータネオリアリズムが馬券になった、という考察が正しいような気がします。
ゴール前の不利さえなければ、ディサイファも3着争いですから。

一方で、いつもスローペースでレースをしていたマイル戦線馬たちにとっては、逆にハイペースの展開はつらかったんでしょうね。
なんでこんなに今日はみんな飛ばしているの?と。
こんなペースで走ったことねぇよ!と。
経験に勝るものなし。
ハイペースだからといって先行馬不利・差し馬有利とは、一概に言えないという典型的なレースだったように思います。
「ミッキーアイルを軸にして、1600mより長い距離で結果を残している馬を相手にする」というロジックが馬券の正解だったということですね。
なるほど、「ペースはさほど上がらないので先行有利」とかおマヌケな予想したボクの馬券がカスらないわけだ…。
それにしてもミッキーアイルは強かった。アッパレだな。

それと、外人ジョッキ、特にデムーロ・ルメール・ムーアは必ず買わないとダメですね。
ムーアはミッキーアイルの斜行に助けられたクチで、あれがなければおそらく4~5着だと思いますが、それでも馬券的にはデムルメムーア+池添は必須でした。

f:id:Taguchi_Derby:20140402004530j:plain