読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬工学

presented by 田口ダービー

【オールカマー振り返り】そっちのディープ産駒だったか。

レース振り返り

レース結果


1着 6.ゴールドアクター 2.11.9(34.4)

2着 1.サトノノブレス 2.11.9(34.6)

3着 5.ツクバアズマオー 2.12.1(34.3)

ハロンラップ:12.3 - 11.2 - 11.9 - 12.0 - 12.5 - 12.1 - 12.3 - 12.2 - 12.1 - 11.3 - 12.0

ペース:12.3 - 23.5 - 35.4 - 47.4 - 59.9 - 72.0 - 84.3 - 96.5 - 108.6 - 119.9 - 131.9 (35.4-35.4)

考察

道中のハロンラップはほぼほぼ逃げたエイシンマックスのもの。2番手以下はスローペースだったと思います。エイシンマックスが引っ張ったため、走破時計は早め。ただし、あんまり見所はなかったような…。

ゴールドアクター

これで中山は6戦4勝。放牧明け鉄砲は5戦5勝!これからまた放牧して、有馬記念ぶっつけでもいいような気が(笑)
天皇賞春の惨敗は外枠+距離だと思うので、オールカマーのレーズを見る限り、秋のGI戦線では活躍すると思います。

サトノノブレス

内枠の利を活かして2着。紫苑ステークスから続くディープ産駒の中山好走トレンドは、マリアライトではなくこちらでしたね。うーん。競馬は難しいですねぇ。

ツクバアズマオー

中山御用達のステイゴールド産駒。やっぱり中山は走るなー。

マリアライト

マリアライトはもともと休み明けでの好走実績がないので(あっても3着まで)、まぁこんなもんなんでしょう。これでエリザベス女王杯で人気を落としてくれればよいのですが…。

投資結果

今回は馬券購入を見送りました。ゴールドアクターとマリアライトが馬券に絡む確率が高く、配当妙味なしと判断したためです。

結果的にマリアライトが飛びましたが、これは結果論で、やはり馬券的には勝負できないレースだったと思います。

f:id:Taguchi_Derby:20160911063128p:plain