読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬工学

presented by 田口ダービー

【ローズS振り返り】ステイゴールド産駒ズバリ

レース振り返り

レース結果


1着 7.シンハライト 1.46.7(33.7)

2着 1.クロコスミア 1.46.7(34.6)

3着 3.カイザーバル 1.46.8(34.4)

ハロンラップ:12.6 - 11.2 - 11.6 - 12.0 - 12.5 - 12.2 - 11.7 - 10.9 - 12.0

ペース:12.6 - 23.8 - 35.4 - 47.4 - 59.9 - 72.1 - 83.8 - 94.7 - 106.7 (35.4-34.6)

レース考察

 重馬場でのレースを考えれば、ペースはそこそこ流れたと思います。

 1着シンハライトの末脚33.7秒(メンバー中1位)は強烈でしたね。上がりタイム2位がカイザーバルの34.4秒なので、シンハライトの末脚がいかにずば抜けているかがよく分かります。入着上位勢は道中前目でレースを進めた馬ばかりであることを考えると、シンハライトには本来展開が向いていなかったわけで、それで勝ってしまうのだから強いのひとこと。加えて、重馬場でもなんら問題無しということが判明したわけです。これで桜花賞(2着)以外はすべて1着。もう名牝レベルでしょう。

 2着のクロコスミアは馬場と展開に恵まれた2着だと思います。若干ひっかかりつつも、逃げ戦法とステイゴールド産駒が故の重馬場適性が功を奏しましたね。また馬体が回復したこともプラスだったのでしょう。次走良馬場で人気になるようなら軽視でよいと思います。しかし岩田は勝てないなぁ。

 3着のカイザーバルはエンパイアメーカーの産駒。本来ダート馬になってもよいような血統ですが、春に君子蘭賞を勝っていることからも、コース適性が高いのでしょう。

 11着に敗れた桜花賞馬ジュエラーですが、展開は向いていたものの直線坂下で伸びませんでした。骨折明け初戦だからなのか、重馬場がダメなのか、両方なのか、よくわかりません。

投資結果

f:id:Taguchi_Derby:20160920182347p:plain

予想ブログはこちら:【ローズステークス予想】シンハライトの相手探し

シンハライトを軸にした馬連&3連複的中で、大幅プラス収支となりました。クロコスミア様様ですね。シンハライトの相手として、ステイゴールド産駒2頭+デンコウアンジュ(4着)の選択が正解で、久々に気持ちの良い的中でした。