読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬工学

presented by 田口ダービー

【京王杯AH振り返り】休み明け組の勝利

レース結果


1着 10.ロードクエスト 1.33.0(34.2)

2着 3.カフェブリリアント1.33.1(34.6)

3着 5.ダノンプラチナ 1.33.3(34.3)

ハロンラップ:12.5 - 11.2 - 11.4 - 11.3 - 11.6 - 11.7 - 11.5 - 11.8

人気馬ロードクエストとダノンプラチナが、休み明けながら結果を残しました。加えて2着カフェブリリアント、4着ダイワリベラルも休み明け。このレースは毎年夏競馬を使った馬が強いのですが、今年は休み明け組の勝利。裏をかかれた方も多かったのではないでしょうか。

ロードクエストとダノンプラチナは外から、カフェブリリアントとダイワリベラルは内から伸びているので、芝コースの内外の優劣はないようです。それを踏まえると、大外から伸びたロードクエストは強かったと思います。上がり34.2秒もメンバー中最速です。

最初の600mの入りが35.1秒で、ほぼ平均ペースでした。それなのに上位入線した馬は中団から後方に位置取りしていた馬。先行馬がちょっとだらしなかった一戦だったと思います。ピークトラム、ダノンリバティ、ダンスアミーガはもう少し走れる馬だと思うのですが、3頭とも中京記念→関屋記念を使ってきた疲れがあったのかもしれませんね。