読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬工学

presented by 田口ダービー

【紫苑ステークス振り返り】ディープ産駒のワンツー

レース振り返り

レース結果


1着 18.ビッシュ 1.59.7(35.3)

2着 9.ヴィブロス 2.00.1(35.5)

3着 2.フロンテアクイーン 2.00.7(36.2)

ハロンラップ:12.0 - 10.9 - 11.9 - 12.1 - 12.7 - 12.3 - 12.1 - 11.7 - 12.0 - 12.0

ディープ産駒のワンツーフィニッシュ。上がり35秒台を繰り出したのも上位2頭だけですし、走破時計を比較しても、やはりビッシュとヴィブロスが抜けていたんだと思います。

ただし、3~4コーナーでバテたキリシマオジョウの走塁妨害(?)により、内目を通っていた馬数頭が不利を受けていて、外を回った馬に有利な展開になりました。ヴィブロスもまともに不利を受けているので、ビッシュ>ヴィブロスと判断するのは早計です。まぁビッシュも大外枠から大外をまわしての1着ですから、相当強いとは思いますが。

ディープ産駒というと中山よりは東京向きだと思ってしまいがちですが、今年の皐月賞でもワンツースリーフィニッシュを決めたように、最近では中山でも走るようになってきたのではないでしょうか。

投資結果

予想ブログはこちら:【紫苑S予想】秋華賞出走賞金の足りていない馬から

◎ベアインマインドは10着惨敗。直線バテたゲッカコウに詰まりましたが、そもそも抜け出す脚がありませんでした。ここでは力不足だったようです。また、内枠先行有利と読んだのですが、中山は内外の有利不利がないようです。

ということで、馬券はハズレです。

ヴィブロスも秋華賞出走のための賞金が足りていない馬だったのですが、単勝5.8倍の3番人気は過剰人気だと思い、軸にしませんでした。まぁ結果を見れば、過剰人気ではないことは明らかなので、ボクの負けです。