読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬工学

presented by 田口ダービー

【セントウルS振り返り】ビッグアーサー圧勝

レース結果


1着 1.ビッグアーサー 1.07.6(34.5)

2着 10.ネロ 1.07.8(33.8)

3着 11.ラヴァーズポイント 1.07.8(34.1)

ハロンラップ:12.3 - 10.2 - 10.6 - 10.8 - 11.2 - 12.5

まさかビッグアーサーが逃げるとは思ってもいませんでした…。

ネロが控えるとも思っていませんでした…。

スノードラゴンが先行するとも思っていませんでした…。

まさに想定外。

ビッグアーサーの逃げは、みなさんがそこら中で指摘されている通り、かかってもっていかれたものだと思います。でも、前半の600mを33.1秒のペースで逃げて勝つのだから、さすがはGI馬、その力は他馬に比べると2枚も3枚も上といった感じですねぇ。ネロ鞍上ウチパクさんの「ビッグアーサーが早すぎてついていけなかった」のコメントも納得です。

投資結果

予想ブログはこちら:【セントウルS予想】ビッグアーサーは叩き切るしかない

本命のネロは2着でしたが、馬券の相手にしたエイシンブルズアイ、ウリウリ、ダンスディレクターが惨敗し、馬券は的中なしに終わりました。ビッグアーサーとネロの馬連が490円なら、外れて悔いはありません。ていうか、こんな安い配当はいらないです。

3着は9番人気ラヴァーズポイントでした。「夏は牝馬」ということでしょうか。このレース、牝馬はラヴァーズポイントとウリウリの2頭のみ。実績からどうしてもウリウリに目がいってしまいがちで、ラヴァーズポイントは盲点だったかもしれません。

 去年のこのレースも逃げ馬が勝ちました(アクティブミノル)。秋の阪神開幕週は、実績よりも先行馬を抑えるべきですね。