読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬工学

presented by 田口ダービー

【小倉2歳S振り返り】想定よりも相当強かったレーヌミノル

レース振り返り

レース結果

1着レーヌミノル 1:08.0(34.6)

2着ダイイチターミナル 1:09.0(35.2)

3着カシノマスト 1:09.1(35.5)

レースラップ:11.7 - 10.4 - 11.2 - 11.4 - 11.4 - 11.9

レーヌミノルが圧勝。道中2番手、4角先頭から上がり最速の34.6秒の脚を使われてしまっては、後続はなす術がありませんでした。まぁ能力が他馬より2枚も3枚も上でしたね。前半3Fが33.3秒で、かなりのハイペースだったのですが、最後まで止まりませんでした。

同日小倉芝1200mの500万条件戦のタイムが1:07.9、前日の北九州短距離S(1600万条件)が1:07.6なので、レーヌミノルの1:08.0はかなり優秀な時計だと思います。2着以下は1:09秒台でまぁまぁ標準的なタイムではないでしょうか。2着、3着馬は終始インコース追走でコースロスなく走ったもので、4~6着馬あたりとはあまり差がなさそうです。

投資結果

予想:【小倉2歳S 予想】

シゲルベンガルトラ(8番人気5着)を軸に馬券を構成したことと、そもそもカシノマストを切ったことから、的中なしに終わりました。

シゲルベンガルトラは3着馬からは0.2秒差。人気を考えれば、よいレースはしていたと思います。穴軸として方向性は間違っていなかったと思います。

ダイイチターミナルは【小倉2歳S 予想】であげたレース間隔に対する好走条件にマッチしていたので、ヒモとして拾えたのですが、カシノマストは連闘だったので軽視していましました。ダイイチターミナルもカシノマストも両方拾うことは、ボクにはできませんねぇ。