読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬工学

presented by 田口ダービー

【札幌2歳S予想】完成度の勝負

2歳重賞ということで、完成度が高そうな馬を中心に馬券を構成したいと思います。とはいえ、完成度なんて人間が測定できるわけもないので、前走のタイムや血統から推察するしかありません。

予想

【A:軸馬級】

8.タガノアシュラ

9.コリエドール

【B:連対級】

4.トリオンフ

10.ディープウォーリア

【C:連下級】

3.インヴィクタ

5.トラスト

7.アンノートル

12.アドマイヤウィナー

A:軸馬級

完成度が出走馬中最も高そうな2頭を選びました。

タガノアシュラは前走新馬戦を2歳レコードタイムで勝利。新馬でレコードを叩き出すのだから完成度は相当高いと推察します。またマンハッタンカフェ産駒は洋芝巧者ですから、人気でもあまり逆らわない方がよいと思います。

コリエドールは2歳戦に強いクロフネ産駒で、血統面から早熟馬であると決めつけます。

B:連対級

トリオンフ・ディープウォーリアは、前走、稍重馬場の新馬戦(芝1800m)を上がり最速で勝利。

トリオンフ:函館芝1800m稍重1:52.4

ディープウォーリア:札幌芝1800m稍重1:52.1

は、馬場を考えれば評価すべき好タイムです。この2頭も完成度という観点で高評価にしました。

C:連下級

以下、新聞各紙で印が回っていそうな馬を並べました。当然ながら各馬レース実績が乏しいので、どの馬が強いとか、完成度が高いとか、馬場適性がどうとか、比較検討する術がボクにはありません。

f:id:Taguchi_Derby:20160831224903j:plain