読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬工学

presented by 田口ダービー

レッドリヴェールが引退。

とうとうレッドリヴェールが引退

www.hochi.co.jp

ちょっと驚いたのですが、レッドリヴェールって通算3勝しかしていなかったんですね。大きい舞台に出走していたので、もう少し勝っているかと思っていました。

レッドリヴェールはいわばハープスターのライバル。13年阪神JFではハナ差でハープスターを破り2歳女王に輝いたものの、14年桜花賞は逆にハープスターにクビ差で敗れ、2着惜敗。今にして思えば、この頃が競走馬としてのピークだったのかもしれません。

桜花賞後、オークスではなくダービー出走、4番人気に推されましたが、結果12着(ちなみに13年ダービー馬はどの馬でしょう?答えは末尾で)。この辺から歯車が狂い始め、長期に渡り低迷。目立った活躍をすることもなく、引退となりました。

 

ステイゴールド牝馬に一流馬なし

結局この格言(?)に尽きるような気がします。ステイゴールド産駒の牡馬はオルフェーヴルゴールドシップドリームジャーニーといった大物を輩出していますが、牝馬はどうにも大成しません。レッドリヴェールはステゴ牝馬初のGI馬なのですが、そのGIが2歳GIの阪神JFですからね。その時点での完成度の高さで勝った、と言われても仕方がないところです。

レッドリヴェールが教えてくれたこと、それは紛れもなく「ステイゴールド牝馬に一流馬なし」だったように思えます。

 

クイズの答え

13年ダービー馬:ワンアンドオンリー(横山典)