読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬工学

presented by 田口ダービー

2017年 フェブラリーステークスの予想

◎4.コパノリッキー
◯6.モーニン
▲3.ゴールドドリーム
△9.ベストウォーリア
△11.ノンコノユメ
△10.カフジテイク
△1.サウンドトゥルー
△14.キングズガード
△15.ケイティブレイブ

かなり難解だが、コパノリッキーの先行押し切りを期待する。先行馬がそろっているようにも思えるが、どうしても前に行きたい馬はケイティブレイブくらいで、案外スローペースで流れるのでは、と予想する。となると、先行力がありGI格のあるコパノリッキー、モーニンあたりを上位にとるのは必然だろう。近走成績から、両馬とも狙えるオッズレンジにある。

▲ゴールドドリーム、その力は認めても、スローペースと予想しているのだがら、内枠の差し馬は評価を下げざるを得ない。が、ゴールドアリュール産駒は東京ダート1600mが得意であり(コパノリッキーもゴールドアリュール産駒、)3番手評価くらいが妥当か。

以下、東京ダート1600巧者のベストウォーリア、ノンコノユメ、1400mがベスト条件と思われるカフジテイク、チャンピオンズC覇者のサウンドトゥルーと並べた。

穴馬はキングズガードとケイティブレイブ。キングズガードはシニスターミニスター産駒で、これも東京ダート1600mとは好相性。武蔵野S、根岸Sともにそれほど負けてもいない。馬券になる可能性はある。ケイティブレイブは逃げ粘りを考えて、馬券のヒモには入れておく。

f:id:Taguchi_Derby:20160830225807j:plain